ZEH目標公表資料

ZEH普及目標

タツケンハウスは2020年(平成32年度)までにZEH普及率50%以上を目指します。

ZEHの周知・普及に向けた具体策

当社は、地域型グリーン化事業にも参加し、認定長期優良住宅や認定低炭素住宅・ゼロエネルギー住宅を標準仕様とした住宅を提案させていただいており、省エネルギーに対する意識が高まっている現在ZEHの普及に向けてより一層意識を高めているところであります。建築物省エネルギー性能表示制度やシュミレーターを活用したエネルギーの可視化を行い、メリットやエネルギーの有効活用について 分かりやすくご説明するとともに、お客様が享受できる補助金・減税等をあわせてご提案することや、WEBやSNSを利用したZEHの周知・普及に向けた宣伝をおこなっていきます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

○加入している団体による共同仕入れによる建材や資材等ののコストダウン化を図ります。
○正確な外皮性能・一次消費エネルギー量を算出し、必要な設備性能・建材の絞り込みをおこないます。
○常に情報収集をおこない、設備性能や価格の把握に努めます。

その他の取り組みなど

地域型グリーン化事業等の加入団体での活動を生かし、これからの住宅についてさらなる知識、技術の向上に努めます。 また、【健康・省エネ・耐震・耐久】の4つのこだわりを持って、本物の「家づくり」をご提供していきます。

平成29年度実績報告及び今後の普及率目標(年度毎)

今後の普及率目標

<< 前のページに戻る